2015年04月10日

こどものかくれが 5月 延期しました(お詫び)

以下の募集を延期することになりました。
すでにお申し込みいただいたみなさま、楽しみにしていただいたみなさまには心からお詫びいたします。
また、詳しい日程内容は改めてご案内いたします。
今後ともよろしくお願いいたします。
代表 柳田茂樹
(以下 延期)
こどものかくれが 5月 子どもの体験活動 子どもゆめ基金助成活動


目的:子どもだけのちからで生活し日頃出来ない体験を通じて、生きる力や友情、自信や積極性を育むことを目的とする体験活動。

かくれがでやること                     ぼくたち
1こどもだけで暮らす・自然にふれあう            わたしたちの
2こどもだけでごはんをつくる                 いえづくり
3こどもだけでいろんな話をいっぱいする           
  
日程:2015年5月4日13:00〜5日15:00まで
会場:日田市天瀬町桜竹 旧桜竹小学校     
対象:小学校1年生〜中学生 保護者も可    
参加費:2,800円  先着30名        
 

「こどものかくれが」とは、
〜子どもが子どもの中で子どもの力をめいっぱいだして遊ぶところです〜
旧桜竹小学校の校庭にテントを張って寝ます。夜はキャンプファイヤー!めちゃたのしい
子どもの生活は「あにま」とよんでいる青年たちがサポートします。
生活や自然の体験は、地元の専門家「きらり人」がサポートします。

B「子ども村プロジェクト」とは、
  第1回の子ども村は宮崎県都城市で10日間の開催でした。その時、一人の子どもが子ども村を「究極の自由」と表現しました。子ども村は、子どもたちが自分の頭で考え遊び生活します。子どもたちはその大変さが楽しく自由と感じるのです。その後、九州沖縄子どもの文化学校の事業として、熊本県清和村(現在の山都町)で開催しました。回を重ねるにつれ参加者が増え、NPO 法人九州沖縄子ども文化芸術協会の事業として福岡県(旧)杷木町や(旧)宝珠山村、大分県中津江村ほか各地で開催し発展しました。2007年9 月、「子ども村」を主催する団体「子ども村プロジェクト」を設立、子どもたちが十分に力を発揮成長できるよう日田市を拠点にに活動しています。
C 
お車で、日田ICから20分、玖珠ICから20分
公共交通機関で、JR博多駅/天神バスセンターから高速バスで日田バスセンター⇒天ケ瀬駅
JR博多駅からJRで天ケ瀬駅
主催 子ども村プロジェクト 代表 柳田 茂樹
〒877-0061 大分県日田市石井2丁目455-5  電話 090-9795-0831



posted by 子ども村プロジェクト at 16:17| Comment(0) | 事務局よりお知らせ

2014年08月23日

今年の子ども村無事に成功しました

8月3日から23日までの21日間の子ども村無事に成功しました。
子ども27人みんな元気に過ごしました。
今日は閉村式です。
ご支援ありがとうございました。
0803開村式.jpg
0807おもちゃづくり (2).jpg
夜って楽しい0806.jpg
0803野外炊飯.jpg
20140821久住山にのぼった!.jpg
posted by 子ども村プロジェクト at 07:03| Comment(1) | 子ども村2014

2014年06月30日

今年の子ども村2014の募集は締め切りました

今年も多数のお申し込みありがとうございました。

子ども村2014は、今日締め切り
子ども村2014の応募は、6月30日をもって締め切りました。
20年目に当たる今年の新しい拠点初の子ども村2014(子どもゆめ基金助成活動)の参加者は、6月30日現在30名となっています。福岡県14名、大分県7名、熊本県7名、長崎県1名、沖縄県1名です。
7月上旬には、決定通知と正式申込書、健康調査票をお送りします。

どきどきキャンプ(小学校1、2年生対象)は中止
20周年を記念して開催する予定の「どきどきキャンプ(小学校1、2年生対象)」は応募が2名と少なかったため、中止と判断しました。せっかくお申し込みいただいた子どもたちには、ミニキャンプへの変更をご案内いたしました。もうしわけありませんでした。

ミニキャンプ(小学3年生以上中学3年まで)は締め切り
ミニキャンプ(小学3年生以上中学3年まで)は、応募15名となりました。定員をこえましたので締め切らせていただきます。大分県7名、福岡県5名、熊本県2名、佐賀県1名です。

ユースプロジェクト(中学3年以上高校生まで)は、7月末締め切り
ユースプロジェクト(中学3年以上高校生まで)は、現在5名(大分県2名、佐賀県2名、福岡県1名)の申し込みとなっており、7月中まで、定員10名の枠で引き続き申し込みを受け付けます。


あにま(子どもたちと生活し、活動を援助する青年)は現在10カ国30名登録
あにま(子どもたちと生活し、活動を援助する青年)の申し込みは、6月28日現在、30名の高校生、青年たちが登録しています。海外からは、日本留学中も含めて。スロベニア、ウクライナ、ロシア、スペイン、セルビア、台湾、香港、ウガンダ、ウズベキスタンなど9カ国から登録されています。

この子どもたちと青年たちが今年の子ども村、ミニキャンプ、ユースプロジェクトを創って行きます。どうぞよろしくお願いいたします。

子ども村プロジェクト 代表 柳田茂樹

IMG_5621.jpg

posted by 子ども村プロジェクト at 10:00| Comment(0) | 申し込み状況