2022年07月07日

子ども村チャレンジ 申し込み締め切りました

子(こ)ども村(むら)チャレンジ参加のみなさんへ
ニュースは、こちらチャレンジ通信0707(訂正).pdf
こんにちは!お元気(げんき)ですか?
チャレンジに申し込んで(もうしこんで)くださってありがとうございます。
子(こ)ども村(むら)チャレンジは、子(こ)どもたちが自分(じぶん)たちの力(ちから)で生活(せいかつ)する場所(ばしょ)です。
・この通信(つうしん)をよく読(よ)んで、子(こ)ども村(むら)チャレンジに行(い)きましょう。
・子(こ)ども村(むら)チャレンジを、元気(げんき)に楽(たの)しむためにも、外から帰ったら、手洗い、うがいをし、健康(けんこう)には気(き)をつけていてください。
・子(こ)ども村(むら)には、沢山(たくさん)のお友達(ともだち)が参加(さんか)します。初めて会うお友達とも一緒(いっしょ)にたくさん遊(あそ)んで仲良(なかよ)くなりましょう。
・なんでもチャレンジしましょう。
・こまったときには、大人のスタッフやおにいさんおねえさんにお話ししてくださいね。みなさんにお会い(おあい)するのを楽しみ(たのしみ)にしています。 

<もってくるもの> ※かならず名前(なまえ)をかいてください。
荷物(にもつ)をつめることも、自分(じぶん)のことを自分(じぶん)で守る(まもる)第一歩(だいいっぽ)です。
下(した)に書(か)いてあるのをお手本(てほん)に、自分(じぶん)で荷造り(にづくり)をしてください。
荷物(にもつ)は自分(じぶん)で運びます(はこ)。自分(じぶん)が持(も)てるバッグに詰めましょう。

※ 生活に必要なもの/□マスク 帽(ぼう)子(し) タオル 軍手(ぐんて)(綿のゴムのいぼいぼがないもの)  着(き)がえ 歯(は)ぶらし 水筒(すいとう) 雨具(あまぐ)(レインコート(れいんこーと)・傘(かさ))□新聞紙(しんぶんし)(1日分・火付けに使います)□寝袋(ねぶくろ)(たたむ練習(れんしゅう)をしてください、タオルケットも可) 懐中(かいちゅう)電灯(でんとう) いつも使(つか)っている薬(くすり) ポリ袋(ふくろ) 普段はいている運動靴で来てくださいね。

※ 川に遊びにいくとき/□水着(みずぎ) 川用サンダル

※ 山に行くとき/デイバッグ(弁当、水筒、タオルやレインコートを入れる)
 長袖(ながそで) 長(なが)ズボン(ずぼん) くつした(足首が隠れる長さのもの)

<健康調査書について>こちら子ども村チャレンジ2022健康調査書.pdf
※必要事項を記入の上、14日(木)必着でご郵送ください。
 お子様を預かるうえで大変重要な情報ですので、ご多忙でしょうが必ずお送りいただきますようお願いいたします。

<集合(しゅうごう)解散(かいさん)の時間(じかん)・開村式と閉村式> 日程が間違いでした。お詫びします。
※受付で当日の健康状況をお尋ねいたします。起床時の体温の計測を忘れずお願いします。
※開村式と閉村式はご参加ください。
※保護者様の送迎をお願いします。
★ 子ども村 開村式(始まりの式)閉村式(終わりの式) ※ 受付は12:30からです
日時 場所
開村式 7月 1716日(土)13:00〜13:30 きくちふるさと水源交流館 体育館
(熊本県菊池市原1600番)
閉(へい)村式(そんしき)
7月1918日(月)13:30〜14:00

<参加費の納入> ※参加費は受付にてお渡しください。一人9000円です。

<プログラムについて> 
当日、雨天の予報もあります。渓谷に近く川が増水していると大変危険です。その際には、別プログラムを実施します。野外炊飯は雨の中でもやりますので、レインコートを忘れないようお願いいたします。火や刃物を使います。子どもが一人でできるように、スタッフが援助します。できないことは班の仲間やスタッフに教えてもらえるので大丈夫です。火や刃物は危険ですので、使う時はスタッフの言うことを聞いてから始めるように、家庭でもお話しください。

<健康管理について> 
当日は看護師が常駐し、緊急時は病院と連携いたします。参加の前に風邪をひいたりケガしないようにしていてください。コロナ感染予防は万全にお願いいたします。
また、健康状況ほかお伝えされるお話が多い場合は、早めにご来場ください。

<参加キャンセルについて> *前日、当日はキャンセル料がかかります。
キャンセルは、わかり次第すぐにご連絡ください。前々日までは電話かメールの連絡でも構いません。前日には保険や食材の準備が終わります。当日に健康状態が悪くキャンセルの場合は、電話(下記番号:090-9795-0831)してください。

一般社団法人 子ども村 代表理事 柳田茂樹
事務所;〒861-1441  熊本県菊池市原1517-2
電話;090-9795-0831
e-mail;2008genki@kodomomura.org

posted by 子ども村 at 17:16| Comment(0) | 募集の御案内

2022年06月28日

あにま募集中 子ども村2022

いよいよ「子ども村 2022」が近づいてきました。
みなさまの健康状態はいかがでしょうか?
今年も子どもたちのやりたいことがたっぷり実現できるように、準備をしていますにこにこ
あにまのみなさんも、元気にお会いしましょう。
以下の@〜の項目を必ず確認の上、ご応募ください。

@ 子ども村の参加者募集開始しました。
チラシは、こちらからダウンドードできます。0627あにま募集20220627完成.pdf
今年は、天ヶ瀬 桜竹小学校跡の開催は、最後となります。
日田市では、校舎等の老朽化のために施設の取り壊しが決まりました(T_T)
残念ですが、「最後の温泉のある子ども村」をみんなで盛り上げていきましょう!!!!
A 子ども村のあにま登録募集開始!
今年、子ども村2022で子どもと共に汗を流し、見守り、盛上げてくれる、あにまを募集します。
あにまとして参加してきた方、子どもとして子ども村に参加したことがある方、
未経験でも子ども村に参加しよう!という意欲のある方 みなさまのご応募をお待ちしています。

あにま募集要項
日  程 : 2022年8月10日(水)〜24 日(水) 14 泊 15 日
※ 子どものいる期間は最低4日間の参加をお願いします。
参加対象 : 高校生以上 専門学生、大学生、社会人
(文化・教育・福祉・保育・医療・野外活動等に関心のある人)
定  員 : 20名
募集期間 : 2022年7月1日〜15日(定員になり次第締切)
研  修 : 参加必須
申込方法/Eメールに下記項目を記載し送信してください 1氏名(フリガナ) 2性別 3研修参加日程 4子ども村2022参加日程(〇日〜〇日) 5住所 6電話 7生年月日 8所属(高校生・大学生・社会人)9参加の動機 10高校生の場合は保護者の同意をえてください。

<内定通知が届いたら>
@申し込み受付後、参加受付内定通知・登録票、正式申込用紙&健康調査票を送ります。
A正式の参加登録申込&健康調査票をメール添付で提出してください
B登録費用を納入してください。※詳細をご覧下さい。
C書類と入金確認後、正式決定案内を送ります。
<変更点、注意事項!>
★1あにまの参加資格について★
子ども村はこれまでのべ500名の国内外のあにまに支えられ、毎年感動的で、楽しい活動を実施して参りました。
これまでは、指導者養成講座(研修プログラム)への参加の有無を問わない緩やかな参加希望者の要望にできるだけ寄り添った形での参加決定を心がけて参りましたが、今後は、一定の知識や技術を習得していただき、「あにま」という役割への理解と子どもたちの安心安全を守りながら、楽しく活動できるより専門的な「あにま」として活躍していただきたいと考えております。
よって、あにまは、基本的に「指導者養成講座への参加と課題の習得」が必須です。
現在、子どもたちの心身の状態が多様化してきていること、感染症、異常気象等、難しい状況下でも、子どもたちとのコミュニケーション能力、あにまのチームワークを発揮して頂ける「あにま」が必要なのです。今までどおり仲良しで楽しい、輝くあにま像に加え、専門性を少しづつ高めていただきます。

★2あにま研修(予定)について★
子ども村2022あにま希望者の説明会と研修を行います! 研修内容にそって修了書をお渡しします
〇 日時:7 月3日(日) 午前10時〜12時 場所:コトリ会議室(博多駅前2-19-17)
子ども村2022についての説明と研修をします。
〇 日時:7月10日(日) 午前10時〜15時 場所:こどもあぐり農園(菊池市原1541番地)
午前はこどもあぐり(トウモロコシや夏野菜の収穫)午後に子ども村2022の説明と研修をします。
〇 日時:7 月16日(土)17日(日)18日(祭) 午前10時集合 場所:きくちふるさと水源交流館
この日程で「子ども村チャレンジ」を開催しますので、実際に子どもたちとコミュニケーションを取ってもらい、キャンプ技術講座を行います。子どもが寝てからの夜の時間は、子ども村2022についての説明と研修と意見交換をします。
〇 日時:8月10日(水)11日(祭)12日(金) 午前10時集合 場所:旧桜竹小学校(日田市)
子ども村の直前ですので、使用する会場の掃除と子ども村2022についての説明と研修を行います。
〇 日時:8月22日(月)23日(火)24日(水) 午前10時集合 場所:旧桜竹小学校(日田市)
子どもたちが帰ってからの日程です。片付けとともに、研修をします。

★3参加登録費および謝金旅費の支払いについて★
これまであにまの謝金から実費経費を差し引いて当日現金で支払っていましたが、子どもゆめ基金の支払い基準が、銀行、および、郵便口座への振り込みに義務化されたため、下記のように変更しました。
〇参加登録料
事前に、通信事務費、当日資料、傷害保険料、食事材料代、Tシャツ代等を支払っていただきます。
参加登録料は参加日数によって、変わります。
(※計算日数は子ども村開催の期間のみ、前後は無料です)
■(高校生) 1100 円×日数+T シャツ代 1300 円
■(大学生・社会人) 1600 円×日数+T シャツ代 1300 円

〇補助指導員謝金、旅費の支払い
子ども村開催期間の 2022 年 8 月 13 日(土)〜21 日(日) 8 泊 9 日中に、あにまとして滞在している期間の謝金および往復旅費(実費計算)は、事後、登録した口座に振り込みます。
なお、謝金は源泉徴収税(社会人のみ300円/日)を差し引き国税局に支払います。源泉徴収票は、源泉徴収税なしで、高校生・学生の参加のあにまに送ります。
■(高校生)謝金3000円×日数+旅費片道 2500 円(上限)×往復
■(大学生・社会人)謝金5000円×日数+旅費片道 2500 円(上限)×往復
<子ども村実施にむけて>
一昨年は、新型コロナ感染症の影響で中止しました。昨年は期間中大雨の中、体育館を活用したプログラムで楽しい子ども村を実現しました。豪雨のために閉村式当日保護者が迎えに来られなかった子もいました。
今年も、天候の予想は厳しく、雨や高温も予想されていますし、感染症の新たな拡大の可能性もあります。子ども村開催中の天気予報は、開村式の13日から17日まで雨の予報、後半も雨時々晴れと出されています。また、台風の発生もあるので、心配かと思いますが、桜竹小学校跡の体育館を主な避難場所として、安全を期して実施いたします。
ボランティアスタッフの体制は、登録20 名が目標です。子どもたちとの出会いを楽しみに準備しましょう。子どもの命と青年の命、地域の人々やスタッフの命もみな大切です。ぜひ、楽しくてためになる、「やってよかった!」と思える子ども村にしていきましょう。

<緊急事態時の対応>
台風や豪雨、高温異常など天候の悪化、コロナの感染拡大状況、子どもやスタッフの健康状態などによって、やむを得ずプログラムを中止、または日程を変更する場合がありますのでご了承ください。
緊急時には、保護者の方々に連絡を差し上げますので、対応をよろしくお願いいたします。

※ あにまは、健康管理を万全にし、万が一、発熱やコロナ感染者との濃厚接触等あれば、すぐにご連絡下さい。以上、ご理解いただき、あにまが健康で安全に参加できますようご家族のご協力お願いします。
<子どもたちの開村式と閉村式(予定)>
場所 大分県日田市天瀬町 旧桜竹小学校体育館
〇 開村式8/13(土)13:00〜
〇 閉村式8/21(日)13:00〜
一般社団法人子ども村 代表理事 柳田茂樹
住 所: 〒861-1441 熊本県菊池市原 1517-2
電 話;090-9795-0831  E-mail:2008genki@kodomomura.org

posted by 子ども村 at 17:15| Comment(0) | 募集の御案内

2022年06月27日

子ども村2022 募集開始しました

子ども村の募集チラシを送付はじめました。
チラシの表のメールアドレスが間違いがありました。
お詫びして訂正いたします。
(表 間違い)2008genki@kodomomura2014.org
(裏 正しい)2008genki@kodomomura.org


子ども村の募集開始
子ども村2022ちらし表.jpg
一般社団法人子ども村 (旧)子ども村プロジェクト
子ども村は、第1回子ども村開催(1995年8月都城市)から今年で28年目になります。開催地の方々他多くのご支援があって、子どもたちの命を守り、身心の豊かな成長の場を提供することができました。この間、のべ2300名を超える参加者ひとりひとりが、子ども村でかけがえのない思い出をつくってきました。
 また、文化体験、自然体験、農業体験などの親子のプログラムも多様に実施し、思い出深い、多くの出会いと感動の機会となりました。子ども村プロジェクトは、今年から新しい団体「一般社団法人子ども村」に生まれ変わります。自然災害やコロナに負けない、強い心と、知恵と勇気と仲間たちと友情で、子どもたちとともに未来に向けて再び歩き始めたいと思います。
 みなさんのご参加とご協力をこれからもどうぞよろしくお願いいたします。

子ども村とは
1 こどもたちにゆったりとした時間と思いっきり遊べる機会を提供し、心身の発達を促すことを目的とします。
2 大自然の中子どもたちが異年齢集団で生活をしながら、自然体験をするキャンプです。
3 子どもたちの主体的な参画と自治、子どもたちと生活をともにする青年スタッフと地域ぐるみの充実した協力体制が特徴です。
4 子どもたちがさまざまな人と出会い、自分を解放し仲間の中で育ちあっていく過程を大切にしています。
5 子どもたちの関心や主体性を尊重多様なプログラム、体制を用意、子どもたちが意欲的に参加、計画、実地できるように配慮し、子どもたちの自治を援助します。

日程 2022年8月13日〜21日まで(8泊9日)
定員 28名(小学3年以上中学生まで、全日程参加のみ受け付けます)
参加費 46,000円(食費、滞在費、プログラム費、Tシャツ代、傷害保険料すべて含みます)
申し込み 7月1日から15日(定員になり次第締め切ります)
申込方法 参加する子どもの意思を尊重し、申込用紙に必要事項を記入の上ハガキに貼ってご郵送下さい。
(メールでの申し込みはお断りします)
高校生以上は、あにま(青年指導員)として参加申し込みが可能です。(事前の研修会に参加が必要です)
申し込み到着後参加書類(決定通知と健康調査票、参加のご案内、ニュース等)をお送り致します。
活動場所/大分県日田市天瀬町桜竹 242 旧桜竹小学校
※ 保護者送迎による現地集合解散(保護者同伴の開村式、閉村式があります)
※ コロナ感染予防他 、危険回避−安全対策を行います 。
※活動中の写真はゆめ基金の報告及び団体の広報に使用いたします。ご了承ください。
(地図)
桜竹地図1109.jpg



ここからダウンロードできます。
チラシ表
子ども村2022ちらし表.pdf
申し込み
子ども村2022裏.pdf

ご相談は、
一般社団法人子ども村(代表理事 柳田茂樹 理事 篠原恵里子)まで
〒861-1441 熊本県菊池市原1517-2    
TEL 090-9795-0831
E-mail;2008genki@kodomomura.org 
posted by 子ども村 at 18:29| Comment(0) | 募集の御案内