2020年07月30日

子ども村2020 子ども村QUEST は 中止となりました

子ども村2020の開催中止のお知らせ

この度は、子ども村2020に参加申し込みいただきありがとうございました。
誠に恐縮ですが、「子ども村2020」の開催を今年は中止することにいたしました。突然のご連絡で、みなさまに多大なご迷惑をおかけすることをお許しください。
何よりも楽しみにしていただいた子どもたちの喜びを奪ってしまうことに胸が痛みます。今回、子どもたちの期待に応えることができなかったことを心からお詫びいたします。
今後、必ずや子どもたちが楽しく集える「子ども村」を再び実現させたいので、暖かく見守っていただきたいと思います。
一日も早くコロナ被害が終息すること、また、これまで18年間お世話になった子ども村の開催地でもあった日田市中津江、天ケ瀬ほか被災地域の復興を願います。

今回の中止にいたりましたのは、以下の理由です。
1、 7月に入ってから豪雨被害が発生しました。長年お世話になってきた日田市天瀬地区、中津江地区に、大規模な災害が発生し甚大な被害がありました。(豪雨災害)
2、 地域の高齢者との接触をなくし感染被害を防ぐために、集合・解散場所の検討、活動場所として五馬高原のキャンプ場確保、活動内容の見直しなどしてきましたが、子どもたちのキャンプ中のバス移動、テント宿泊、食事づくり、トイレ等の衛生管理等、生活面での感染症対策が十分に保証できないこと。(感染症対策の困難)
3、 感染症防止対策のため、海外、国内の青年ボランティアの参加呼びかけを中止。経験ある「あにま(青年指導員)」が首都圏域に就職、日田への国内移動が困難なこと。また、大学生等の授業やテスト時期などが大幅に変更となり、子どもたちとともに活動を進めていける十分な指導体制、安全対策を確保できなくなったため。(指導体制の人員不足)
以上、やむなく実施不可能との判断をした次第です。子ども村26年間で初めて中止をいたしました。今回の結果をしっかりと受け止め、今後につなげていきたいと思います。
秋以降、および来年からの活動計画につきましては、改めてご案内いたします。
書面でのご報告を心よりお詫びいたします。
2020/7/18
子ども村プロジェクト  代表 柳田 茂樹
続きを読む
posted by 子ども村プロジェクト at 06:44| Comment(0) | 子ども村村長から

2020年05月05日

子どもの日に寄せて これからの子ども村

子どもの日を迎え
子どもたちの幸せを願って
     2020年5月5日
      子ども村プロジェクト
          代表 柳田 茂樹
         副代表 篠原 惠里子

子どもの日にあたり、私たちは「子ども村」を、これからも多くの子どもたちにプレゼントし続けることを誓います。

子どもたちや青年たちや保護者のみなさまへ
命と体を大事にして、家族や友達を大切にしていきましょう。
そして、また元気に子ども村で会いましょう。これからもずーっと子ども村を楽しく続けていけますように。

子ども村プロジェクトは、第1回子ども村開催から今年で、25年間子ども村をやり続けてきました。第1回の参加者で当時10歳だった子どもは、もう35歳。その人の子ども世代も子ども村の参加者となっています。当時25歳の青年たちは50歳になり孫が生まれるほどの時間がたちました。
開催地の方々や多くの青年たちの協力、社会的な支援があって、子どもたちの命を守り、身心の豊かな成長の場を提供することができました。
この間、のべ2300名を超える参加者ひとりひとりが、子ども村でかけがえのない思い出をつくってきました。

今は、新型コロナウィルス感染が世界中に広がり、休校によって、外出や友達との遊びも制限され、子どもたちにも大きな不安が押し寄せています。子どもたちが、健康に自由に楽しく生きることができるように、早くこの大きな被害が終息することを願っています。



子ども村プロジェクト
〒861-1441 熊本県菊池市原1517-2 TEL:090-9795-0831 FAX:096-300-3372
URL;http://kodomomura2014.sblo.jp/ E-mail;2008genki@kodomomura.org   

  
子ども村プロジェクト2020年の計画(予定)
(5月末まで緊急事態宣言のため年間計画を大幅に修正しました。)


1、子ども村プロジェクト年間計画発表 5月5日(子どもの日)
2、子どもたちの声アンケート募集 各計画参加募集チラシ案内発送 6月1日(月)
3、25周年記念の子ども村プロジェクトからのお願い(文書配布予定)
・子ども村活動を継続発展させるための団体・個人の方々の会員登録を始めます
・活動を支える「子ども村基金(仮称)」を設立します
4、子ども村開催準備(対象:あにま) 
7月23日(木)〜26日(日)・31日(金)施設清掃・消毒・打合せ・資材準備
日田市天ケ瀬 桜竹小学校跡

(以下の計画5〜10は、子どもゆめ基金助成内定しました)
5、子ども村   8月1日(土)〜9日(日)(8泊9日;小学3年生から中学生)カヌーバトルの練習しまーす.JPG0817子ども村ファイヤー村長の点火.JPG給食づくり3班手伝うQ.JPG8月3日この山子ども.JPG
6、子ども村QUEST 8月10日(月)〜16日(日)(6泊7日;小学6年から大学生)
     *韓国済州島は今年度中止、九州・鹿児島方面の体験旅行へ変更
7、こどものかくれが 田植え 6月6日(土)〜7日(日)今回は、中止しますIMG_3620.JPG
*田植えは地元の協力者の方々にお願いします。
         稲刈り  10月10日(土)〜11日(日)(親子)IMG_5115.JPG
  餅つき・しめなわづくり 12月5日(土)〜6日(日)(親子)IMG_5247.JPGIMG_5133.JPG
8、こどものかくれがづくり 9月20日(日)〜22日(祝)(親子)
             11月21日(土)〜23日(祝)(親子)
             12月19日(土)〜20日(日)(親子)
(子どもの体験活動指導者養成講座(1泊2日に変更))
9、あにまプロジェクト日田 9月26日(土)〜27日(日)(高校生・青年)
10、あにまプロジェクト菊池 2月20日(土)〜21日(日)(高校生・青年)
posted by 子ども村プロジェクト at 14:44| Comment(1) | 子ども村村長から

2016年06月08日

子ども村2016を開催することがきまりました

ご無沙汰しています。
子ども村プロジェクト 代表 柳田茂樹 事務局長 篠原恵里子 です。
みなさまお元気でしたか?

昨年の子ども村が大成功してから、日田にあった「子ども村事務所」の移転、引越し。
こどもあーとの事務所(子ども未来館・はき)の熊本県合志市の新事務所への引越し。
今年3月に2箇所で開催された「朝倉市国際子ども芸術フェスティバル」「合志市国際子ども芸術フェスティバル」開催運営など、とてもあわただしい日々が続きました。
子どもゆめ基金からの助成金も内定し、これから子ども村を準備しようという時期になって、4月14日からの大地震に遭遇しました。たくさんの方々からご心配をいただきました。
この2ヶ月間近く、熊本大分震災被害に対応するための活動で、子ども村をどうするかを考える時間も無かったというのが本音です。
6月4日にこれまでお世話になっている大分県日田市天ヶ瀬「旧桜竹小学校利活用委員会」の代表の方々と話し合いをし、今年も継続実施していくことをお約束しました。

天ヶ瀬桜竹小学校跡の周辺の様子。
地震の被害はほとんどなく、学校跡も無事でした。緊急避難所になっていて建物は大丈夫。温泉も川もヤマメつりや桜滝も大丈夫とのことです。
学校の中のこの山公園を整備し、山の中での活動がしやすいよう、広場をつくり、ツリーハウスやキャンプ活動ができるようになりそうです。
ちかくの田んぼも子どもたちが参加できるよう6月5日に「田植え」をしてくださり、通年の子ども村が開催できるよう地元の方々が頑張っておられます。

登山は、安全を考えて日田方面で実施を検討します。
昨年来のあにまも今年の開催を心配してくれています。

これから急いで募集を開始します。みなさんよろしくお願いいたします。

開催地:大分県日田市天ヶ瀬 旧桜竹小学校

子ども村の子どもさんか募集予定(小学3年生から中学3年生)
募集期間 8月7日〜20日 36名 参加費 56,000円(予定)
持ってくるもの:後日発表
申込み締め切り 所定の申し込み書に記載し、7月9日締め切り(先着順 定員になり次第締め切ります)

子ども村を支える青年募集(高校生以上、よく働く人、国籍問わず)
食事、宿泊場所提供
事務局スタッフ:(開催準備から片づけまで作業)8月1日から8月25日 無償 4名
あにま    :(子ども村準備、子どもと活動、片付け)8月4日〜8月23日 無償 12名
申込み締め切り、メールにて希望受付。審査の結果7月上旬発表。

追って、詳細を発表します。


P1170401.JPG

P1170440.JPG
P1170493.JPG
P1170520.JPG

posted by 子ども村プロジェクト at 11:17| Comment(0) | 子ども村村長から