2020年07月30日

子ども村2020 子ども村QUEST は 中止となりました

子ども村2020の開催中止のお知らせ

この度は、子ども村2020に参加申し込みいただきありがとうございました。
誠に恐縮ですが、「子ども村2020」の開催を今年は中止することにいたしました。突然のご連絡で、みなさまに多大なご迷惑をおかけすることをお許しください。
何よりも楽しみにしていただいた子どもたちの喜びを奪ってしまうことに胸が痛みます。今回、子どもたちの期待に応えることができなかったことを心からお詫びいたします。
今後、必ずや子どもたちが楽しく集える「子ども村」を再び実現させたいので、暖かく見守っていただきたいと思います。
一日も早くコロナ被害が終息すること、また、これまで18年間お世話になった子ども村の開催地でもあった日田市中津江、天ケ瀬ほか被災地域の復興を願います。

今回の中止にいたりましたのは、以下の理由です。
1、 7月に入ってから豪雨被害が発生しました。長年お世話になってきた日田市天瀬地区、中津江地区に、大規模な災害が発生し甚大な被害がありました。(豪雨災害)
2、 地域の高齢者との接触をなくし感染被害を防ぐために、集合・解散場所の検討、活動場所として五馬高原のキャンプ場確保、活動内容の見直しなどしてきましたが、子どもたちのキャンプ中のバス移動、テント宿泊、食事づくり、トイレ等の衛生管理等、生活面での感染症対策が十分に保証できないこと。(感染症対策の困難)
3、 感染症防止対策のため、海外、国内の青年ボランティアの参加呼びかけを中止。経験ある「あにま(青年指導員)」が首都圏域に就職、日田への国内移動が困難なこと。また、大学生等の授業やテスト時期などが大幅に変更となり、子どもたちとともに活動を進めていける十分な指導体制、安全対策を確保できなくなったため。(指導体制の人員不足)
以上、やむなく実施不可能との判断をした次第です。子ども村26年間で初めて中止をいたしました。今回の結果をしっかりと受け止め、今後につなげていきたいと思います。
秋以降、および来年からの活動計画につきましては、改めてご案内いたします。
書面でのご報告を心よりお詫びいたします。
2020/7/18
子ども村プロジェクト  代表 柳田 茂樹
<こどもたちへ>
新型コロナウイルスから、みんなの健康をまもるため、
子ども村2020を中止します。

子ども村は、25年間、いろんな県から、いろいろな年れいの子どもやあにま(青年スタッフ)が参加し、いっしょに川や山であそんだり、友達の意見を聞き、自分の考えを言って、みんなで力を合わせて活動してきました。
今年は、31名もの申し込みがありました。たくさんのやりたいことをかいてくれました。みんなが、やりたいことをやりとげるために、楽しく子どもたちの力でつくる子ども村は“なんでもできる楽しい毎日”となるはずでした。

この7月になって、ものすごい雨が降りましたね。川が氾濫し、天ケ瀬駅のまわりの旅館やお店や家がたくさんこわれました。残った家には泥や水が入って住めなくなりました。そこの人たちは、今、公民館や体育館で、避難生活をしています。心も体も大変な生活です。

今、世界中にコロナウイルスがひろがっています。子ども村には、いろんな県から、いろいろな年れいの子どもやあにま(青年)が集まります。だから、今は、もっともっと気をつけなければならない大事なときです。子ども村に来る子どもも、あにまも、地域のひとたちも、いのちを守らなくてはいけないと思います。さびしいですが、子ども村2020を中止することにしました。 楽しみに待ってたでしょう、ほんとうにごめんなさい。みんなに会えないのは寂しいです。
早くコロナがなくなってほしいです。みんな元気に楽しんでください。
次、絶対また会いましょうね。
 子ども村プロジェクト
だいひょう やなぎたしげき
posted by 子ども村プロジェクト at 06:44| Comment(0) | 子ども村村長から
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: